東京十社めぐり(2)「日枝神社」神社のマトリョーシカかな【東京都千代田区】

十社巡り2社目。
日枝神社に行きました。

霞が関駅から向かったのですが、国会議事堂や総理官邸、議員会館など、政府の中枢となる施設が多数あり、各所に警備の人が立っていました。

他のに歩いている人も少なく、後ろめたいことは無いのに少々ビビりながら歩きました。

神社の真正面にアパホテルが。
すごい立地だ。

日枝神社

祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)という古事記など日本神話に登場する神。
農耕を司る神とされます。

知らなかったけど、日本三大祭りのひとつ、山王祭りが有名なよう。

詳しくは、神社の説明文より。

立派な鳥居とアパホテル

政府関係の高い壁に囲まれた建物や高いビルの間を歩いていると、いきなり神社が出てくる感じ。

立派な鳥居と広くて長い階段、その奥にキレイな門が見える。

その鳥居の真向かいには、アパホテルが。

外国の方が朝起きて、軽く散歩がてら神社を参拝するプランが非常に喜ばれるだろうなぁ。
日本人でも嬉しい。

私は汚れているので、最初に袴田吉彦の話が浮かんじゃうので困りますが。

美しい社殿

朱と青緑。
原色系なのに落ち着いていて、美しいです。

ちょうど結婚式をやっていました。

神社の中に、3つの神社がひとつになった神社

神社の中に神社があって、そのなかに神社が3つ入っている。
神社のマトリョーシカや。

何を言っているのか分からないかもしれませんが、言葉通りです。

本殿の右側にある建物には、

山王稲荷神社、八坂神社、猿田彦神社 参拝入り口

と書いてあり、日枝神社の敷地内に3つの神社が一つになった建物があります。

中に入ると奥の方に2つ社があり、それぞれに賽銭箱があります。
3つ目は見つからず。

こちらでは絵馬のように、御眷属奉納というお稲荷様のお使いであるキツネに願い事を書き入れて奉納します。

かわいくて、連れて帰りたくなります…。
社務所で取り扱っていました。

思えば、お守りなどを買うとき「お納めください」と言われますが、そうなると「買う」って言う表現はふさわしくないのかな。

千本鳥居っぽいもの

本数は100本ほどですが、鳥居が連なった階段が神社裏手の階段にあります。
根津神社より数は少ないですが、一個一個がコンクリで固定されており、モノとしても新しいようでした。

暑さ対策のミスト設備などもありました。

神社の裏手にも大きな石の鳥居や、日枝神社の石柱もありました。

赤坂のビルの間に大木や神社が突然現れる感じは、和洋折衷な日本ぽい風景です。

おわり:1つ目のミニ絵馬をゲット

行った日はあまりに暑くて、あまり長く居られませんでしたが、美しい神社でした。

東京十社巡り、1つめのミニ絵馬をゲット。
(1箇所目の根津神社では、行ったときに社務所がやってなかった)

絵馬のコンプが目的にならぬよう、各神社を回っていきたい。

子供の頃は、神社など全く興味が無かったし、賽銭がもったいない気がしていましたが、いつからか建物や神様などに祈りや賽銭を積極的に捧げるようになっていました。

不思議なものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました