パンローリング チャートギャラリーをMacの仮想ソフトParallels Desktopで使う

株式投資

パンローリング社の「チャートギャラリー」は、過去30年分の株式データを取得でき、様々な指標などを使ってチャートの分析ができるソフト。

https://www.panrolling.com/pansoft/chtgal/

少々高いですが、一度買ってしまえば永続的に最新チャートを取得できるし、好きな指標を好きなだけ出せるので便利です。

しかし、残念ながらWindows版しかありません。
Macでは、普通には使えません。

かといって私のメインのPCは、仕事の関係でMacです。

Macで使いたいんじゃ!

ということで、Macの仮想ソフトParalles Desktop上のWindowsに入れて使ってみたら、特に問題なく使えました。

仮想環境での使用は、ソフトウェアメーカーのサポート外となりますが、
それでもやりたい!という方への、動作報告となります。

使用したMac環境

一応、動作環境を書きます。
最近出たM1プロセッサ搭載のMacでも、ParallelsでWindowsが使えれば、同様に動くと思います。

パソコン

  • iMac 2017
  • macOS Catalina 10.15.7

ソフト

  • Chart Gallery 5 Standard
  • Parallels Desktop 15 for Mac
  • Windows 10 Pro

Mac + Parallelsで、チャートギャラリーを試す

チャートギャラリーを購入すると、郵送でパッケージに入ったインストール用のメディアが送られてきますが、体験版を認証すれば製品版と同じになるので、わざわざCDで入れる必要はありません。

無料試用版ダウンロードのページで、インストーラーをダウンロードして、入れましょう。

インストールの問題なし

ダウンロードしたファイルからインストーラーを実行すると、

問題なく入ります。

続いて、各種動作を確認。

チャート等のデータ更新、問題なし

チャートデータの取り込みは、「Panデータ管理」から。

Panデータ管理のメニュー「データ管理」>「取り込み」>「Pan Rolling」または F5 キーを押せば自動で取り込まれます。

で、実行したら滞りなくデータ更新されました。

チャートビューアーも普通に動作

肝心のチャートビューアーについても、お気に入りの登録やチャートの表示など、特に不具合は感じません。

認証の問題も、特になし

パッケージと共に送られてきた登録番号を入れたら、問題なく製品登録ができました。

と、一通り試しても特に不具合は感じません。
私はスタンダード版を購入しましたが、プロ版でも機能数が違うだけで問題ないと思われます。

大体、仮想化で問題になるのはグラフィック関係や相手方のサーバーとの接続が上手くいかない点だと思うので、チャートデータを取得できたことから、全般的に大丈夫と思います。

まとめ:仮想windowsで使うか、リモートで使うか

今回は、Macの仮想化ソフト「Paralles Desktop」で、パンローリングの「チャートギャラリー」が問題なく動くかを、動作報告としてまとめました。

チャートギャラリーはWindows版のみということで、Mac上で扱いたいなら、仮想化ソフトの「Parallels Desktop」や「VMware」を介してWindowsを使うか、別のWindowsマシンを立てて「Microsoft Remote Desktop」で遠隔操作するのが解決法となります。

別記事で「やよいの青色申告」の動作報告を投稿しましたが、Mac1台で色々やりたいという場合、Paralles DesktopでWindowsを使えるようになるのは便利です。
Macに、仮想環境を動かすためのメモリやマシンパワーが要るのが難点ですが、PCを切り替える必要が無くなります。

でも、Parallesと仮想用のWindowsライセンスを用意する必要があり、環境構築に3万ぐらいかかるので、コスパは悪いです。

WineというMacやLinux上で、直接Windowsアプリケーションを動かすソフトもありますが、導入が面倒なので見送っています。
こちらは時間があったら試してみようかと思います。

ということで、問題なく動いてますというお話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました