自転車の虫シリコンの経過観察【ダメでした…】

その他

下記、自転車を虫ゴムをシリコンチューブに変えてみたの経過観察です。

シリコンチューブの選択が悪かったのか、
残念な結果に…。

別のやつでリベンジするかな…。

実験結果:シリコンチューブが断裂してダメだ…

空気が微妙に抜けてたり、シリコンチューブが断裂して空気全抜けなど、
4か月で2度のトラブルに見舞われました。

これじゃ、ゴムと手間があんまり変わらんではないか…。

特に気になったのは、
バルブの一番出っ張っている部分に負荷がかかり、断裂が起きているようす。

乗り回したわけでもなく、置いてるだけで自然と切れてしまうのでは実用に耐えない。

ということで、結論。

「オススメできない」

ということになりました。

用途外の使い方だから仕方ないとはいえ、残念。

試したチューブが切れやすかったのかもしれないという希望を胸に、
良さげなシリコンチューブがあったら、リベンジしようかと思います。

おわり。

以下、経過観察詳細:7月30〜11月14日

7月30日/3日経過:ぜんぜん平気

タイヤ割れてるけどキニスンナ

まったく空気が抜けている感じはありません。
30分ほど近所を乗り回しましたり、バウンドさせても問題なく。

懸念していた、数日で空気が抜けきってしまうようなことは無いみたいです。

8月3日/漏れ無し

普通に乗れて、大丈夫でした。

8月26日/行けるんじゃね?と思えてきた

空気は普通に入ってる。
このまま行けるんじゃね?

虫シリコン最強伝説始まっちゃうかもしれない。

8月31日/空気が半分ぐらい抜けてた…

空気が半分くらい抜けており、嫌な予感。

虫シリコンチューブに目立った変化は見られなかったので、
そのまま戻して空気を入れ直しました。

10月17日/タイヤがペチャンコだ…

全く乗ってないけど、タイヤを見てみたら空気が全部抜けていました…。

バルブを外してみると、

シリコンチューブが断裂してる!?
置いてあるだけで千切れるもんなのか????

とりあえずシリコンチューブを交換して、直した状態で安置。

11月14日/空気は入っていたけど…

前回、ちぎれた虫シリコンを交換して、直したけど乗らぬまま約1か月。

ひさしぶりに自転車で出かけることになり、
空気がちゃんと入ったままだと確認して走ること10分。

空気が半分ぐらいに抜けてる…
走っているうちに少しずつ空気が抜けている様子。

途中で抜けると、対処しようがなく非常に困る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました